なんでもないぶろぐ

美大で日本画を勉強しながら絵本を描いたりしているtommyの、なんでもないぶろぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出会いのかけら

kagehinatanisaku.jpg




先日の金曜ロードショーで、「陰日向に咲く」が放送されてたよね。
私はこれ小説で、高校のときか大学の時かに、文庫で買って読んだのだけど、とても好きです。
劇団ひとりって文才あるなーと思う。ひとりで劇団なんだからきっと頭良いんだろうな。
作品の雰囲気が好き。人間くささが溢れているところとか。

映画は、テレビで見損ねたので、ネットで見た←
けっこー泣いたよね、なんか、よい。
これは映画館で見なくて良かったなと思った、DVD借りてまた見たいな。。

岡田くん好演ですね、イケメソなのに、すごいだめな感じとか。西田敏行もだめすぐるw
岡田くん父役の三浦智和が、良い。良いお父さんだ。
宮崎あおいちゃんも、1人2役だけど、良い感じに役を分けて演じていて、違和感なく見ていられる。

浅草が中心?になっているけど、古ぼけた感じとか、かつて輝いていた人が孤独に住まうアパートとか、雰囲気ある。
映画は、それぞれの主人公たちの話が交錯していて、最後ぶつかるとこがあって、ぁぁ、そうだったんだな~て。
ふしぎな縁を感じます。まぁ小説だからなんだけど。

これ、芸人が本気で書いた小説として注目されたけど、これは映画も小説も良い作品だと思う。
まぁ私あんまり本読まないからあんまあてになんないけどww

小説はオムニバス形式で、短編小説が6個続いて、それぞれの主人公たちが何かしらの関係性があったりする。
映画とはまた違う描写もあるから面白い。

おすすめしたいので、暇なみんな、映画か小説を見てくりゃれ。

ちなみにタイトルの出会いのかけらは、ケツメイシが歌う主題歌だよ。
最後すげー良い感じにしてくれてるよ。
ケツメ好きだー。


  1. 2010/05/30(日) 07:21:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。