なんでもないぶろぐ

美大で日本画を勉強しながら絵本を描いたりしているtommyの、なんでもないぶろぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アリエッティ

taneda


弟と現代美術館の「借り暮らしのアリエッティ×種田陽平展」に行ってきた。
今日も暑かったので、清澄白河から美術館までの道のりで疲労した。。
中も意外と子連れが多くて、チケット買うのに15分くらい待って、入場した。

中はとてもたのしかったー^^

アリエッティの床下の世界が、人間サイズで作られているので、まるで自分が小人サイズになったみたいな。

角砂糖とか、草花とか通気溝とかが、でかい!
床下のゴキブリもでかい!!!触覚うごいてたよ~~

自分が小人になった気分で床下の家を探検できるので、
なんだかディズニーランドに来ちゃったような感じだったwwめちゃめちゃいいです。

翔くんの部屋(つまり人間の住む家)は、とーっても大きくて、小人の視点から覗き見ることができました。
確かに虫とかは人間怖いだろうな、みたいな。

写真撮れないのが残念だけど、とてもたのしかった。

立て込んであるセットは、触っていいので、レンガとかの質感とか、
輪ゴムとかいろいろ触れて、おもしろかった。
本当はもっとじっくり見たかったけど、子どもも多いし行き来が自由なのであんまりゆっくりはできなかったけど。
最後はあれを壊しちゃうなんて、もったいないなぁって思うくらい、素敵な空間だった!

下の階は、アリエッティじゃなくて、種田陽平が今まで手がけた映画のセットとかの紹介で、あれもこれも!と驚いた~。
すごい人なんだなぁって感じ。

同時に開催されてる企画展も見てきた、こどものにわ?とかいうやつ。
こどもが自由に見たり触ったりできる展示。

作品の1つに白いフェルトのような絨毯に虹色の色々な模様が描いてあって、
そこを自由に歩けるという作品があったんだけど、床に使っている絵の具が、たぶん岩絵の具ww
さわったらざらっと粒子があったので、たぶんそうなんだけど、
子どもが走ったりしてるから絵の具はもうほとんど剥げてなくなっていった…わざとなんだろうか?
けど壁の柱は触れないようになってて、綺麗なまま残ってた。

iwa

かなり厚塗り?という感じで、盛り上がってる。いろんな模様できれい。

あとせっかくだから常設展も見ていたら、なんと去年まで非常勤だった、日高先生の木の作品が展示されていた!
多摩美の常勤になったので、ムサビからいなくなったよね…^^;

あと帰りに道を間違えて、どこかの蕎麦屋?かなんかの前に青い物体があって、

なんだこれと思ったら、

jini

手作り間溢れすぎのジニーだったよ。
なんかもう暑さでへたってるようにしか見えないww顔はにこやかだけど。

そんなんで楽しい1日でした。

種田陽平展おすすめだよー。
映画を見てから行くと、とっても楽しめると思う。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/11(水) 22:13:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<めざせポケマス | ホーム | 絵本と花火とかき氷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tommy7059.blog106.fc2.com/tb.php/39-561c2a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。